ページの先頭: ナビゲーションをスキップ
本文はじめ: 本文をスキップ
現在表示しているページ
ホーム > 郵便貯金管理業務 > 国際ボランティア貯金

国際ボランティア貯金

 国際ボランティア貯金は、預金者から通常郵便貯金の税引後の受取利子を寄附(寄附割合は20%から100%までの間の10%単位で選択)していただき、その寄附金を海外で活動する民間援助団体(NGO)に配分し、開発途上地域の住民の福祉向上のために活用することによって、国民参加による民間レベルでの海外援助の充実に資することを目的とした貯金です。平成3年1月4日から約17年間、郵便局において取扱いを行いました。
 日本郵政公社の民営化に伴い、平成19年9月末をもって、国際ボランティア貯金の取扱いを終了しましたが、寄附金の一部(総額21億円)を当機構が承継し、国内の民間団体が行う海外援助活動に配分しております。

※(株)ゆうちょ銀行は、平成20年10月1日「ゆうちょボランティア貯金」の取り扱いを開始しましたが、これは「国際ボランティア貯金」とは別のものです。
  1. 寄附金による海外援助について [PDF:235KB]
    (英語版はこちら(English)) [PDF:170KB]
  2. 当機構の配分決定一覧
  3. 平成26年度以前の配分事業(実施状況など)
  4. 寄附金の経理状況(法律の規定に基づき公表しています)
  5. 寄附金の配分に関する法令 [PDF:139KB]
  6. 寄附金の発生状況 [PDF:64KB]
ページおわり: ページの先頭に戻る